思っていることをズバズバ言わせてもらうよ

おすすめの記事はこちら

誰か大阪都構想のデメリットを教えてくれませんか?

大阪維新の会が公表した公明党との合意書
大阪維新の会が公表した公明党との合意書

photo by 日本経済新聞

維新VS公明

同じ近畿圏内に住む者にとって、大阪都構想のことはいつも関心を寄せている。 府と市が一体化すれば、単純にムダがなくなって良いことづく目だと考えるのだが、どうして今大阪ではこんなに揉めているのだろう?

TVやネッではやれ「公明党」に裏切られただの、「維新」の好きにはさせないとかやりあっているみたいだがどうしてこうなるんだろうね? 各政党議席の割合
photo by 日本経済新聞

もちろん大阪・兵庫衆院6小選挙区で維新が候補者を立てないことで、公明に配慮して都構想実現の協力をしてもらう意図のあることは知ってますよ。しかしそれにしたってなぜ今頃ゴタゴタが起きるのかよう分からんわ。

府知事と市長の入れ替え

これは以前にも橋下徹氏が府知事から市長に鞍替えしたことがあるから別に驚かない。 税金のムダ遣いと思わせないためにも、この戦術は間違っていない。
しかし他党はこれについてもかなり批判している。党利党略だと。 他党の主張はかなりずれていると思うな。
それにしても今回の万博誘致問題にしてもそうだけど、以前の橋本府知事・平松市長のタッグならおそらく実現していなかったのではないだろうか? そういう意味でも府と市が一体化することに何のデメリットも感じないのだが。 「維新」がここ数年でかなり大阪の体質を変えたことは事実だしね。

中央VS地方

中央と図式がぜんぜん違うね。中央では割と維新は自民党を助けている感じがするけれど。まぁこれは政策面で一致するところは協力しましょうというスタイルみたいやね。
大阪では府・市長選は「維新」VS「維新以外のすべての党」が共闘するみたいだけど、これはおもしろい戦いになりそうだわ。
当然「立憲民主党」や「共産党」も自民党の候補を応援することになるわけやね。 理念的にこれはどうかな?という気がしないでもないけど。
むしろ勝てなくても「立憲民主党」や「共産党」は独自候補を立てるほうが理にかなっていると思うけど、それは無理なのかな?
しかし関東方面の人はまるで無関心やね。何か関西の方でゴタゴタやってるみたいやなーぐらいの認識か?

まとめ

とかなんとか言っているうちに投票日は間もなくやってくる。 最終的に大阪の人がどのような判断を下すか見ものです。

泉房穂氏圧勝もこれからが正念場になるだろう

f:id:nana_papa:20190318081417j:plain
photo by 神戸新聞NEXT|総合|「暴言」深手にならず 謝罪徹底、批判かわす 明石市長に泉氏3選

明石市長選挙開票速報(平成31年3月17日執行)

当日有権者

 247,930人

投票者数

116,134人

投票率

       46.84%

開票状況

届け出順

候補者名

第1報

午後10時10分

開票率/0%

第2報

午後10時40分

開票率/

16.36%

 第3報

午後11時10分

開票率/

57.69%

第4報

午後11時40分

開票率/

98.16% 

確定

午後11時45分

開票率/

100%

北口 ひろと

0票

8,000票

20,000票

26,500票

26,580票

新町 みちよ

0票

3,000票

7,000票

7,000票

7,321票

いずみ ふさほ

0票

8,000票

40,000票

80,500票

80,795票

得票順

候補者名

得票数

いずみ ふさほ

   80,795票

北口 ひろと

26,580票

新町 みちよ

7,321票

引用:明石市長選挙 開票状況速報(平成31年3月17日執行)/明石市より

これからが正念場

冒頭から引用ばかりですみません。m( )m
全国的にも注目された明石市長選挙。 こういう結果になった。
前回私は勝つにしても圧勝でないと駄目なんだということを書いたけど、結果通りになって一応ホッとしている。 ほぼトリプルスコアやね。
有権者はしっかりと泉房穂氏の実績を評価したということだろうね。 しかし今回ほど有権者側にも何か重い十字架を背負わされたような気がするのは、私だけだろうか?

来月(4月)には統一地方選挙

があるわけだけど、ここでもう一度選挙を行う。 税金の無駄遣いはこれっきりにしないとね。
おそらく次回は無風選挙(対抗馬なし?)になるだろう。 何千万円かが飛んだわけだけど、それ以上の利益をこれから手腕でしっかりと補ってほしい。
先ずは例の国道2号線拡張問題。 1日も早くスッキリさせてほしいね。 頑張って下さいと他人事のように言うのではなく、我々市民も共に新しい明石市を創っていく心構えが必要だ。
だからあえて「当選おめでとう!」は言いません。